タレント 西谷綾子

ダイエット頑張っているのに、ついつい…

スナック菓子の袋を開けパクパク、手が止まらない。美味しぃ。この塩加減、絶妙。たまらない。(*´꒳`*)

 

1個だけっと思いながら、チョコレートやクッキー。思った以上に食べてしまったり…( ̄∀ ̄)

 

寝る前にアイスなどの甘いもの…。

 

ハッと気付き、、ヽ( ̄д ̄;)ノ

食べたことに後悔し、自分を責めてしまったり。。

 

私も食欲が抑えられなかった経験があるのでわかります( ;∀;)

 

実は、これ睡眠不足が原因かもしれません。

 

睡眠不足だと、、

満腹を感じる「レプチン」という物質が減り、満腹感が減少…空腹を感じるように( ゚д゚)

 

さらに、食欲を刺激するホルモン「グレリン」が増え、食欲が…(*_*)

 

脳がエネルギー不足だと勘違いっ!!

 

今日から、5分でも10分でも早寝を!!

(早寝を30分や1時間単位で考えずに。)

 

1日15分、早寝を1ヶ月続けると7.5時間の睡眠時間を確保出来ますよ(*^ω^*)

 

また、眠り始めの3時間に分泌される「成長ホルモン」

 

眠り始めの深部体温(内臓の温度)が急激に下がるほど、睡眠は深くなり、成長ホルモンの分泌は、増えます。

眠る1時間前に入浴やストレッチで深部体温をグッと上げてあげましょう。

忙しくて入浴が出来ない場合は、

シャワーの後に必ず足首を温めて。そのあとレッグウォーマなど履いたり。(足首が冷えていると睡眠の質が低下してしまいます)

足の裏から汗を放熱させるので、靴下で足の裏を覆わないように。

これから気温が高くなり暑くなりますが、

夏でも足首は冷えやすいので、眠る前に温めることを忘れずに。

質の高い睡眠で綺麗に美しくっ♪

 

 

毎週末、あちこちのマラソン大会へ!

4月はフルマラソンを2本走りましたよー(≧∀≦)

体調を崩すことなく、アクティブに毎日過ごせている自分にびっくり(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

私の仕事柄、時間帯が不規則。移動が多かったり、現場も毎回違う日々。

 

夜遅くに帰宅し、次の日が早いと「明日、起きれるかなー」っと不安になっていましたが...

今では、スッキリ!心配なく、目覚めの良い朝を迎えています^ ^

 

簡単です♡

目覚ましをかけるだけでなく、

眠る前に、朝起きる時間を3回呟くだけ^ ^

 

えー?!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

呟くだけでいいの?って思ったでしょ?!

 

そう。眠る前に“何時に起きる”と脳に記憶させると、その時間に向けて起床の準備をするホルモンが分泌されます。

 

また、ついついやってしまうのが、スヌーズ機能。5分ごとにかけてしまいますよね...(´∀`*)

わかります...

 

スヌーズ機能を使うと、結局何時に起きれば良いのか脳が混乱してしまい、引き伸ばすほど、目覚めが悪くなります。

 

自分で起きる時間を決めて起きた方が目覚めスッキリ!!

 

この自己覚醒法は繰り返し試していくと、どんどん精度が上がっていきます♪

 

是非、今夜から3回呟いてみてね^ ^

 

 

1日やりたい事・やるべき事が沢山あるなか、どうしても削ってしまうのは睡眠時間。。

 

「寝るのがもったいない」と思い、

睡眠不足で頑張り、

食べたいものを我慢し、

高めの美容液を使い痩せていた頃の私と。

 

忙しくても今の自分の生活に合わせた睡眠リズムを作り、

好きなものを食べ、

運動している方が心身ともに元気で、

周りから「お肌綺麗だね」「引き締まってるね」「綺麗になったね」

と言われるようになりました(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

時には、女性ならではのホルモンバランスの影響や

自律神経の切り替わりがスムーズにいかなく、

寝付きにくかったり、

浅い睡眠になったり。

夜、涙が出たり…。

 

でも、コレって、性格や気持ちの問題とは無関係なんですよね!

 

だから、不安になったり焦らないで。

脳と体の仕組みを知れば大丈夫!!

 

いろんな情報が溢れる中、先入観を修正し、知識を整理し、学んで欲しいです。

そして、学んだことを体験を通して、自分のものへと…♪

 

疲れたら眠るという受け身の姿勢ではなく、

自己成長、

美しく綺麗になるために、

自分で積極的に睡眠を作っていきましょう(*^ω^*)

 

 

nishitani180401.jpg


 


Bodies Blog イメージ

ABOUT Bodies

Bodiesはカジュアルな女性専用フィットネス・スタジオです。サーキットトレーニングで、あなたも気軽にフィットネスを楽しんでみませんか?