運動のストレス解消効果はスイーツの○○倍!?

皆さんは何のために運動していますか?ダイエットのため、健康維持のため、カラダを動かすことが好きだから・・・様々な理由があると思います。
そんな運動が、カラダ以外に、「心」にも良い影響を与えてくれることをご存知でしょうか。

運動のストレス解消効果はスイーツの○○倍!?

運動すると"幸福感"が増す

人は運動をすると、"幸福感"が増すといいます。「幸せホルモン」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 これはセロトニンと呼ばれる、気分を安定させるのに必要な神経伝達物質が、運動をすると増加するためです。ある研究によれば、約20分間の運動で、その後12時間"幸福感"が持続するといいます。

ストレスが溜まるとついつい甘いものが食べたくなるのはなぜ?

一方スイーツを食べた後にも"幸福感"が増しますが、その持続時間は20分程度といわれ、逆に食べてから1時間経過すると、食べる前よりもストレスや不安感が増すといわれています。 これには血糖値が関係しており、甘いものやご飯などの糖質を摂ると、血糖値が上がりますが、その上がった血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが分泌されます。 インスリンには血糖値を下げる働きがありますが、この血糖値を下げようとする働きによって、一時的にセロトニンが増加します。 そのため、甘いものを食べることによって、一時的な快楽を感じることになるのです。 ただし、あくまで一時的な快楽に過ぎないため、時間が経過するとストレスや不安感が増し、再びスイーツが食べたくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

"幸福感"を感じるための効率的な運動とは

それでは"幸福感"を感じるための効率的な運動とはどのような運動でしょうか。 「幸せホルモン」のセロトニンを増やす効果が高いといわれている運動は、一定のリズムを刻む運動(リズム運動)です。(例えばウォーキングやジョギングなど)
といっても、運動の機会をいきなり増やすのはとても大変だと思います。 まずは一日短時間、軽い運動などできることから始めて、継続していけるようにしましょう。またボディーズのサーキットトレーニングは1回30分、短時間でマシントレーニングとリズム運動を繰り返すトレーニングです。気になる方は、ぜひ試してみてください。

無理せず自分のペースで運動をして、継続していくこと。その習慣を上手にストレス解消につなげていきましょう。