サーキットトレーニング

サーキットトレーニングイメージ

トレーニングの流れ

より効率よくトレーニングをする為におすすめしているのが次の5ステップ。前後のストレッチを入れて合計30分のトレーニングです。

ストレッチ

サーキットトレーニングの前に、身体をほぐし、効率よくトレーニングに入れる身体を作ります。

心拍数を計る

心拍数の目安は、正常で60回前後です。

Bodiesでは、" 220-年齢 "で計算される「最大心拍数」の60%を、「目標心拍数」としています。この目標心拍数を保ちながらの運動が、もっとも脂肪を燃やしやすいと言われています。運動に入る前に目安として平常時の心拍数を計ります。

サーキットトレーニング

30秒ごとの「チェンジステーション」の合図に合わせて、筋肉を大きく使う運動と、短いインターバルを交互に行っていきます。

心拍数を計る

「目標心拍数」を保ちながら運動ができましたか?最後にもう一度心拍数を計ります。

トレーニング後のストレッチは、気持ち良く身体を平常に戻していきます。疲労の回復も早まります。

お試しレッスン申し込み