社員インタビュー

スタジオや会員様を支える、4人の社員にインタビュー。
働き方や、仕事への想いをとおして、Bodiesで働く魅力をお伝えします。

CASE.1 | アルバイトを経て、正社員へキャリアアップ!

CASE1_アルバイトから社員へ

私は学生時代に、Bodiesで2年間アルバイトをしていました。そのときに、会員様のお悩みにアドバイスしたところ、後日改善したと喜んでいただけたことが嬉しくて、卒業した後もここで働きたいと入社を決めました。

多くの女性に「Bodiesに通いたい」と思っていただける空間をスタジオで作っていきたいです。そのためには、相手の目線に立った物事の考え方を常に意識していきたいと思います。ゼロからのスタートでも、人前に出ることが苦手でも、周りのスタッフがしっかりフォローしてくれるので、苦手意識を克服でき、心置きなく働けています! 常に成長していきたい方、ぜひ一緒に働きましょう!

CASE.2 | 店長として会員様が通いやすいスタジオ作りを!

CASE2_No.1スタジオを目指す店長

子どもの頃からカラダを動かすことが好きで、運動をしながら仕事をしたいと考えていました。そんなとき、Bodiesのコンセプトを知り、魅力を感じて入社を決意しました。

現在では店長を任されたことで、より一層、スタッフ同士のコミュニケーションをとることの重要性を再確認しています。私たちが共通意識を持ち、すべての会員様が笑顔でいてもらえるスタジオ運営を日々考えながら努めています。

CASE.3 | 産休・育休制度のおかげで好きな仕事に復帰!

CASE3_子育てと仕事を両立

私がBodiesを選んだ理由のひとつが、結婚・出産とライフステージが変化しても、安心して仕事が続けられる環境であったことです。そのおかげで、約1年間の産休・育休をいただき、現在復職させていただいています。

育児と仕事の両立には、まだ大変さを感じていますが、私のやりたい仕事、やりがいを感じられる仕事が続けられているので、これからも精一杯取り組んでいきたいと思います。より多くの女性に運動の楽しさを知っていただき、笑顔になっていただけるよう努めたいです。

CASE.4 | 会員様やスタッフの声をカタチに変える!

CASE4_プレーヤー兼マネジメント

私はマネージャーとして、管轄するスタジオ管理を行っています。 スタジオがキレイで安全に保たれているか、スタッフは目標ややりがいを持ち、生き生きと働けているかを常に見るようにしています。時には自らプレーヤーとして動きながら、スタッフの見本として日々スタジオを回っています。

女性の健康をサポートすることは、想像以上に奥が深く、難しいこともありますが、その何倍もの楽しいことや達成感が味わえます。Bodiesでは、運営や管理業務にもスタッフ1人1人が取り組んでいけるので、自身の成長を感じたり、向上心をもってお仕事できる場所です!


ENTRY

エントリー

この度は、株式会社ボディーズに興味を持っていただき、誠にありがとうございます。
皆さまにお会いできること、心より楽しみにしております。